アメコミの映画を楽しむために必要な情報

映画になったアメコミ作品は「スーパーマン」や「バットマン」、「スパイダーマン」などの作品が有名ですよね。
日本でも漫画作品が映画になることがあります。最近だと、「進撃の巨人」や「銀魂」、「のだめカンタービレ」「デスノート」などがあります。
当たり外れが大きい、と話題になることもありますね。

漫画作品が映画になったとき、その映画を楽しむためには、映画の舞台となる世界観を知っておくと、より映画を楽しむことができると思います。
アメコミの原作は日本ではそこまで広く普及しているわけではありません。 また、日本のマンガのように本屋に行けば必ず購入することができるとは限らないのがアメコミのかなしい特徴です。少し前は、基本的に中古や個人で輸入した物がほとんどでした。
いまは取扱店舗が増え、電子書籍なども普及し、アメコミが手に入る機会もふえました。とはいえ、完全に翻訳されているのはごくわずか。


それでもアメコミに興味がある、または、興味が出てきたという人は、英語辞典を片手に読み込む、ウィキペディアを参考にする、アメコミに詳しい人のブログなどに書かれている情報を参考にする、といった調べ方がおすすめです。
映画を観ているだけでは理解ができない設定やモヤモヤが解消されます。ぜひ調べてみてください。
理解が深まり、もっと作品を楽しむことができるのでおすすめします。

メニュー

Copyright© 2016 Sex, Lies & Superheroes All Rights Reserved.